日々の小さい生活

繰り返す日々と、それでも知らぬ間に移り変わる季節と、小さい自分の生活を少しずつ書き置いておきたい。

熱をもって目指す

羽生選手のインタビューが、今日の凱旋帰国の時に各局一斉に流れていて。

すごいなぁ、って思って。

NHKもやってたもんなぁ。

2位だった宇野選手のインタビューは少ししか見られなかった。

1位と2位の差が出るのかしらって。

でも、世界で1位と2位を日本人がとって帰国してきたんだから、

並んでインタビューなり、記念写真なりとただの視聴者としては思ったんだけど。

あかんのか?(関西弁(笑))

 

インタビューを見終えたとある番組のコメントで

「競技中と、インタビュー時との顔や表情のギャップがまた、いいですね」って。

言ってた。

 

確かに。

羽生選手の競技に対する熱はすごい。

どの競技でもそうだけど、オリンピック目指したり、優勝目指したり、

並の根性じゃできないよね。

勝手にこっちは、連覇だなんだ、表彰台を逃したなんだって簡単に言っちゃうけど。

ケガしても、何言われても、貫く姿勢がすごい。

 

大相撲の稀勢の里にも思った。

いつも、何にも動じない姿を見せていた人が、

あの左胸のケガの時の表情には驚いた。

相当な痛みだろうって。

眉の上を切った時だって、あそこまで表情崩れなかった。

強行出場したことに賛否両論あったけど、

稀に見るすごい優勝決定戦だったと思う。

国歌斉唱こらえきれずに涙した稀勢の里も印象的だった。

 

センバツ高校野球も、優勝した高校だけじゃなくてすべての高校が素晴らしかった。

どの高校も、毎日の練習の賜物だった。

さわやかに輝いていたなぁ。

ずいぶんと年下の子たちなのに、目が離せなくて、ずっと見てたな。

 

また、球児たちは夏に向けて頑張るんだなぁ。

熱くなれるものがあるって、いいなぁ。