日々の小さい生活

繰り返す日々と、それでも知らぬ間に移り変わる季節と、小さい自分の生活を少しずつ書き置いておきたい。

「さとし」って名前にさえ…

先ほどの記事で、羽生選手のギャップって言う話をしたけど。

私の中でのギャップは、やっぱり

嵐の大野智さんだと思う。

 

共感してくれる人も、「そうか?」って思う人もいろいろいると思うけど。

たぶん、ギャップの一番端と端を持ち合わせてる人だと思う。

 

かっこいい…って思う時と、

ドジっちゃって、あらら…って時との差が激しすぎて時々、

どっちかはフェイクかって思うけど、どっちも全力で

どっちも大野さんの魅力だから、もうね、

見てるほうはどちらも好きになってしまうんです。

 

「魔王」ってドラマの時みたいに、過去を抱え込んだ主人公、

「世界で一番難しい恋」の、ほっとけない社長も、

 

大野さんの魅力でしかないんだよなぁ。

 

で、嵐の時にはあの声とダンスですから。

もうね、どうしろってんだ。

 

大野さんを知らない人に、声を聴いてくれ、ダンスを見てくれ、

泣くシーンのお芝居をみてちょうだいって思うわけです。

 

24時間テレビのドラマもよかったなぁ。

怪物くんと一致しないもん…。

 

今年は忍びの国ですよね、大野智旋風が巻き起こればいいな。

 

もうね、最近「さとし」って名前にさえ色気感じますよ。

「さとし」って響きがね。

 

かっこいいなぁ、大野さん。

 

 

「智」、いいわぁ。

大野さんが名前を体現してますよね、ふんわりほんわか。