日々の小さい生活

繰り返す日々と、それでも知らぬ間に移り変わる季節と、小さい自分の生活を少しずつ書き置いておきたい。

日記というか、記録

さっきの、1年使えるノート。

使い始める日が決められないのは、

こうやって嫌なことがあるからだ。

 

日記は、毎日のことを書くのだけど、

こうやって嫌なことがあると、

書き残すこと自体が嫌になるのだ。

もちろん、みんな嫌なことはあるんだから、

それも日々なんだから書けばいいのだけど、

嫌なことが、自分には嫌すぎて

自分の生活が、余計なものに邪魔されているような気になって

日記自体が嫌になるのだ。

 

嫌やったことは書かなければいいと思うかもしれないけど、

書いてないということが、自分にとってはまた嫌なのだ。

書いてなくても頭は覚えているでしょ?

 

そうだった、この日はあんなことがあったんだったと、

頭が覚えているのが嫌になるのだ。

 

あぁ、今夜はとことんネガティブ。

…ほんとは、こうやってブログに書くことも

結構な気合で書いてる。

のこっっちゃうからね。

 

ま、私を実際に知る人が目にすることはないだろうから…って思って。

こうじゃないと、かけないことも多いし。

 

 

何にこんなに腹が立っているのか、自分でも、いま顔に表情が無いのがよくわかる(笑)

 

書き出してちょっとすっきり…か?

音楽でも聴こうかな。

 

 

あーーーーーーーーーーーーーーー!!

どうして発散するーーーーーーーーーーーー!!!