日々の小さい生活

繰り返す日々と、それでも知らぬ間に移り変わる季節と、小さい自分の生活を少しずつ書き置いておきたい。

オリンピックを見ながら

熱戦の続くオリンピックを見ながら、やっぱり頑張ってる人を応援するって楽しいなって思いました。

技を見せる、技術を見せる、速さを見せる、美しさを見せる、どれを見ていても、人間の体の能力って果てしなく高められるんだなって感じますし、こんな事まで出来るんだって驚くばかりです。

初メダルの男子モーグルの銅、予選から日本人選手の応援をして、最終結果で原選手の3という数字がテレビに映ったときは手を叩いて喜びました。

原選手、ずっと笑顔だったのが印象的で、オリンピックの舞台を楽しんでましたね。

完全なにわか知識で応援してますけど、ただただ無事に滑ってほしいと願うばかりでした。

他の競技でもメダルが出るなか、惜しくも銀とか、悔しい銀とか、メダルならずって新聞やテレビは言いますけど、金だけが讃えられることではないと思うので、出場している姿を見るだけで私は嬉しいしワクワクします。

恥ずかしながら、出場されるまで存在さえ知らなかった選手がたくさんいます。

競技名さえあやふやなものが、いくつもあります。

それでも、この日に向けて努力されてきた結果のあの姿、表彰台に上れなくとも、入賞できなくとも、失格でも、頑張っている姿が眩しくてしょうがないです。

残念だなんて、勝手なこと言えません。

惜しかったとか、どうしてとか、本人が一番思っているはずですから。

みんなを応援したい、ボランティアスタッフも審判も整備も、朝早くから夜遅くまで、動いている人みんなを応援してます。

何か、東京オリンピックが決まってから、オリンピックを作る側のニュースをよく聞くようになったせいなんでしょうけど、選手以外の方たちのことも競技中よく見るようになりました。

この会場で、何人の人がこの競技に関わってるんだろうとか、雪上の整備は大変だっただろうなって見てしまいます。

東京オリンピックも、新国立競技場の完成が楽しみです。

開会式も、どんなのになるんでしょうね。

ブルーインパルスが再び飛びに来るでしょうか☆

ゆるキャラがいっぱいとか…?(笑)

今日も、日本が沸き上がりましたね。

表彰台に日の丸が並び、国歌も流れて、オリンピックが始まってからニュース速報でメダルの獲得を読むたびに拍手です。

明日の新聞にはなんて書かれているでしょうね。