日々の小さい生活

繰り返す日々と、それでも知らぬ間に移り変わる季節と、小さい自分の生活を少しずつ書き置いておきたい。

立秋

おはようございます。

きょうは、8月7日、二十四節気の立秋です。

 

驚くことに、合わせたかのように、気温が低い。

風が心地よい。

 

「えっ?」って思うくらいです。

もちろん、日差しはありますが、風がスーーーっと吹いて気持ちいいんです。

たぶん、台風のせいもあるのでしょうが、「立秋」だわと思えるきょうの天気です。

 

台風、少しずつ東寄りになってきてるなと思ってみているのですが、どうか何もせずに過ぎ去ってほしいなと願うばかりです。

これからお盆で人が動くシーズン、お天気には恵まれるといいなと思うのですが、お天道様次第ですね。

 

話は変わりまして、先日からお祝い事や贈り物が重なって、いくつかのオンラインショップを利用したのですが。

頼んだ注文と違うじゃないか…というのが続いて「お問い合わせ」を繰り返すという…(笑)

いわゆるクレームですけど、こんなの初めてしました。

どちらも、商品はちゃんと届いたのですが、あて先を間違われるっていう(笑)

笑ってる場合じゃないですけどね。

間違うって言っても、相手は合ってるものの伝えた名前と違う…とか、頼んでいた形になっていないとかで。

 

どの件もきちんとお詫びをいただいたので、まぁまた利用すると思うんですけど…気に入ってるところなので。

デジタルの一括管理をしてるから一括で間違うんでしょってことです、要するに。

注文を受けたもの、商品を用意するもの、配送手続きをするものが同じ画面を見て作業するのは効率がいいとは思いますが、画面の情報が間違っていたらすべての人が間違ったまま処理をするんですよね。

口頭で伝えても、きちんと伝わってるかどうかはお互いの思い違いもあるし。

伝わってきたものは、無条件に「間違ってない」と思ってしまうこともあるし。

 

今回の件は、すべて私からの注文をうまく受け取ってもらえてなくて、注文した後に、業者の中で間違った情報が伝わったままで発送が行われていたことが原因でした。

送り先に届くまで私の方では間違いが見つけられなくて困ります。

オンラインショップの見えないところですね。

せっかくの贈り物で相手に不快な思いをさせてしまっていては、どうしようもないです。

あ、でも贈り物を選ぶのはやっぱり楽しい。

あれもいい、これもいい、って選んでるときは楽しいです。

私自身もこれからはちゃんと確認しないとなって思いました。

 

 

ほんとに、きょう気温が低い。

過ごせる。大丈夫。

本来の夏か?

またぶり返す前触れかなぁ。

予想では気温まだまだ上がりますが、この風はありがたい。

きもちいい。

どうか午前中だけでもこのままでいてください(笑)

 

甲子園の球児たちも毎日頑張ってますね、キラキラしていてうらやましいくらいです。

9回裏2アウト満塁とかなってると、力が入って見ているこっちの手がギュッてなります!

 

 

本を紹介。

 NHKの番組でお二人が取り上げられていたのを見たのですが、こちらの本もすごく素敵です。

お二人がゆっくり丁寧に、それでいて楽しそうに暮らしておられる生活がとてもいいんです。

残念ながら、ご主人は先日お亡くなりになってしまったのですが、奥様は変わらず毎日を丁寧にお過ごしです。

もしよかったら、書店ででも図書館ででも手に取ってみてくださいね。

あしたも、こはるびより。: 83歳と86歳の菜園生活。はる。なつ。あき。ふゆ。

あしたも、こはるびより。: 83歳と86歳の菜園生活。はる。なつ。あき。ふゆ。

 

 

 

ひでこさんのたからもの。

ひでこさんのたからもの。

 

 

 

きのう、きょう、あした。

きのう、きょう、あした。

 

 

 

ふたりからひとり ~ときをためる暮らし それから~

ふたりからひとり ~ときをためる暮らし それから~

  • 作者: つばた英子,つばたしゅういち,水野恵美子,落合由利子
  • 出版社/メーカー: 自然食通信社
  • 発売日: 2016/11/26
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログ (5件) を見る